« 2020年8月 | トップページ

2020年9月

2020年9月30日 (水)

りんごのタルト

P1100440

「事務仕事をしているから二人でお願いします・・・」

と弱気な発言をしたものの、

長年続けてきた紅玉の収穫作業をほうり投げてしまうと

なんだか不吉なことが起こりそうで・・・

「いいよ、いいよ、疲れているんでから。

休んでもらったほうがこちらも安心するし」

という優しい言葉を振り切り、行ってきました。

働きが悪かった割には、帰社後、一人ぐったり。

二人はけらけらして、その後は栗剥き。

さすがです(゜_゜)

みんなの夢をのせて

金曜日から「りんごのタルト」

今年もご用意致します。

どうぞよろしくお願い致します。

2020年9月25日 (金)

永井桃子展のご案内

 

P1100437

台風がそれたわりには

今日は雨足が強くなり まとまった雨が降りました

 

明日26日より、「永井桃子展」を開催致します

今年で7回目なんだ・・・

来年はできるのだろうか・・・と感慨深いものです

 

素晴らしい新作の油彩画の他に

新作のカードやテープなどのグッズ販売もございますので

お気軽にお楽しみ下さい

写真は永井さんに作っていただいた秋のシールを貼った

「紅茶のマドレーヌ5個入」のパッケージです

芸術の秋?食欲の秋?

どちらもお楽しみ下さい!

---------------

秋の限定商品「紅茶のマドレーヌ」 

ベルガモットが穏やかに優しく香るほっとする味わい

焼菓子好きさんへおすすめです(^-^)

 

 

 

 

 

 

2020年9月16日 (水)

P1100435

芸術の秋?読書の秋?やっぱり食欲の秋?

少しづつ外の気配もしんみりと、秋

写真はリーフパイギフトにおつけしている

リーフレット栞です

9月より春夏バージョンから

秋冬バージョンへチェンジしました

どんぐりのポットでお茶を入れてお菓子?を食べている

リス君の表情もなんともかわいらしい

 

栞のイラストを描いていただいた永井桃子氏の

個展を今年の秋も開催致します(9/26土~)

今年はどんな作品を魅せてくださるでしょうか

 

<本日の三日坊主レコメンド>

Cinema Paradiso (main theme) - Charlie Haden & Pat Metheny

ー from Album " beyond the Missouri Sky "

 

未知の土地、アメリカ西部のミズリー州

広大な大地が広がるのでしょうか

映画”ニューシネマ・パラダイス”のテーマ曲2曲が

このアルバムに収録されています

心にしみこむ名演奏です

清里にも似合うな~

映画観てないな~(T_T)

 

 

2020年9月 9日 (水)

重陽

P1100425

日中は雲が多いながらも青空が広がっていましたが、

夕方になると雨・・・

巨大台風の名残か 大気の状態は不安定な様子です

本日、9月9日 9が二つ続くので良くない日かと思いましたが

今日は「重陽(ちょうよう)」という日らしいです

「菊の節句」で、食用の菊のおひたしや

栗ごはん、茄子などをいただきながら

秋を愛でる日のようです

〇〇年生きてきて、初めて知りました(^_^;)

はずかしや

 

四季がある日本では

季節ごとの習わし事などを

生活の中でいつくしんできましたが

こうも天候や気候がおかしくなると

その営みさえも忘れさられてしまうのでは?

慌ただしい毎日でも

日々の生活の中で教わってきた季節ごとの習慣を

改めて取り入れてみようと思った

重陽の日でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月 3日 (木)

秋の限定商品 ー 栗のお菓子たち

Photo_20200903193001

休業日中に9月になってしまった。 

8月は振り返るとあっと言う間でした。

 

栗のお菓子のご案内もままならいのですが

今年のトップバッターは

「栗のパウンドケーキ」

今年は <完全ご予約販売> とさせていただくことになりました

 

店頭お渡しも、ご配送のお届けも

月曜〆切のご注文で、同週末、金土日のお渡し・お届けとなります

詳細は追って「JoieJoie」のページでご案内させて

いただきます。

直近の販売は 9/7(月)ご注文〆切 ⇒ 9/11金・12土・13(日)のお届け・ご来店でのお渡し

となります。

 

皆様のご予約をお待ちしております m(__)m

「栗のパウンドケーキ」3200円+税 賞味期限冷蔵で14日 

 

<本日の三日坊主レコメンド>

Night and Day - Joe Pass

 

コールポーターの名曲ですが

跳ねるようにエネルギッシュな

ジョー・パスのギターの音色を聴いていると

跳ねるようなフレッド・アステアのステップが目に浮かびます

 

名演奏とはそういうものでしょうか

 

 

 

 

 

« 2020年8月 | トップページ